蛇口から水のトラブルが発生した時に確認したいこと

いつものように蛇口をひねったら水が全く出てこなかったなど、水のトラブルが起きるととても焦ってしまうこともあるでしょう。もちろん、水栓の故障が原因のこともありますが、実はもっと単純な原因であることも少なくありません。焦って業者に電話をする前に、本当に故障が原因かどうかを確かめてみましょう。原因が分かれば、業者に依頼をする前に水のトラブルを解決できたり、スムーズに解決できたりしますので、まずは確認してみましょう。

■水道まで水が通っていないケース

まず、家の近所で水道工事などが行われている際、一時的に断水されている場合があります。近くで断水工事がされていないかどうかを確認してみましょう。また、給湯器が屋外設置の場合、気温が著しく低いと凍結しているケースがあります。凍結しやすい地域にお住まいの方は、事前に予防策をしておくとよいでしょう。



■止水栓が開いていないケース

何らかの理由で止水栓が止まっていると、給湯器にもお湯が入りません。止水栓は水道メーターのボックス内部にありますので、開けてみて止水栓が開になっているかどうか見てみましょう。基本的には左に回すと開きます。集合住宅の場合、お隣と共用のケースもあるので、注意しましょう。




■まとめ
今回ご紹介したケースだと、給湯器や水栓に問題がないにもかかわらず、蛇口から水が出なくなってしまいます。放置しておくと、さらに状況が悪化してしまい、大掛かりな工事が必要になる場合もあるので、早めに水の専門家がいる業者へ相談をしておくのが安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ