水のトラブル・蛇口の交換は本当に必要?

水のトラブルとして多く見られるのがキッチンなどの蛇口部分です。蛇口 交換する場合、事前に注意したいことがいくつかありますので、しっかりと把握しておきましょう。

■本当に蛇口の交換が必要かどうか確かめよう

水のトラブルが蛇口からの水漏れの場合、本当に蛇口の交換が必要かどうか把握しておきましょう。水漏れの場合、多くがパッキンの交換や、ナットの締め直しなどで水漏れが改善されます。これらの場合、新しい蛇口を用意する必要がありませんので、費用も大きく抑えることが可能です。蛇口が壊れたから蛇口を取り換えなきゃと思い込む前に、パーツの交換だけで済むかどうかも調べておきましょう。

■蛇口の耐用年数について

もちろん、蛇口そのものが壊れてしまい、取り換える必要があるケースも有ります。実際の蛇口の耐用年数は15年ほどといわれており、これを過ぎていた場合、いつ壊れてもおかしくないでしょう。逆に割と新しいのに水漏れをしているというケースの場合、取り付けやパーツなど他に問題があることが多いので、そちらを先に調べるとよいでしょう。



■まとめ
蛇口周りの水のトラブルの際は、本当に蛇口そのものに問題が有り、交換の必要があるかどうかを見極めることが重要となります。これによって、無駄な出費や、労力を省くことが可能となりますので、どのような対処法があるか調べておきましょう。特に水栓自体が新しい場合は注意が必要となります。自分で見極めるのが難しいという人は、業者に任せるのもよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ