水のトラブルで給湯器が故障しているか確かめる

お湯が出なくなってしまうと、お風呂に入れなくなったり、洗い物が大変だったりと、色々と困ってしまいがちです。故障の場合自分で直すことは大変ですが、故障していないのにお湯がうまく出ないというケースもあります。水のトラブルの修理を業者に頼む前に、下記のことを調べておきましょう。

■通常動作に必要な準備ができていないケース

何らかの原因で、通常使用するために必要なことができていないということがあります。うっかり見落としてしまうことは多いため、まずはそちらを確認してみましょう。よくあるケースを紹介します。まず、ガスの元栓が開いているかどうか、電源プラグが抜けていないかどうか、主電源が入っているかどうか確認しましょう。また、子どもが触ったり、何かの際に触ってそのままになったりしていて、設定温度が下がっているケースもあります。給湯器に関してはこういった部分に普段触らないため、うっかりそのままになってしまうケースが少なくありません。

■給湯器は故障していないけれどうまく動かないケース

まず、混合水栓に問題があるケースが考えられます。給湯器に問題が無くても、混合水栓が故障していて水しか出ないというケースもありますので、こちらも確認してみましょう。また、沸き増しできない電気温水器の場合、お湯を使い過ぎると出なくなってしまいます。貯湯タンクの中を調べてみましょう。



■まとめ
お湯が出ないという水のトラブルの場合、給湯器が故障していなかったというケースは少なくありません。故障を疑った場合、修理の前に簡単に調べられることを調べておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ