給湯器の修理が必要な水のトラブル

給湯器の故障でお湯が出なくなると、日常生活で様々な不具合が生じてしまいますので、出来るだけ早く直したいでしょう。給湯器が故障してしまった場合、自信で直すことはなかなか難しく、給湯器 修理業者に依頼する必要が有ります。しかしながら現在困っている水のトラブルは本当に給湯器の故障が原因なのでしょうか。修理や交換が必要なケースをご紹介しますので、当てはまる方は修理業者に相談してみてください。

■給湯器から異音がする場合

給湯器からガンッという音や、ポンッという音がする場合、給湯器の故障が考えられます。ガス関係の問題の可能性も有りますので、大きな水のトラブルになる前に動作を停止して、早急に相談するようにしましょう。ファンの音や、ポンプの音、水が蒸発するような音に関しては、通常の作動中であっても聞こえますので、問題ありません。


■お湯が以前のように上手く出ない

水がお湯になる時間が以前に比べて長くなっていたり、設定温度を変えていないのに、出ているお湯が途中でぬるくなったり、熱くなったりするケースも、給湯器の故障が考えられますので、修理が必要な場合があります。業者に相談してみましょう。




■まとめ
上記のケースの場合、給湯器の故障が考えられますので、専門家による修理が必要となります。早期に相談すれば修理のみで直ることも有りますが、ケースによっては修理しても直らず、交換が必要となってしまうことも有ります。給湯器の寿命は10年前後となっていますので、そちらもあわせて考えてみるとよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ